先日、子供の運動会がありました

先日、子供の通う小学校で運動会が行われました。
幸い好天に恵まれ、出場者や見学者にとって心地良い一日となりました。
私の娘は今年六年生となり、小学校生活最後の運動会となります。
徒競走や騎馬戦、紅白対抗リレーに出場することになり、数日前からあれこれと考え込んでいました。
徒競走のスタートダッシュの仕方や、リレーのバトンパスのタイミングなど、自分なりにシミュレーションをしていたようです。
これまで娘は、綱引きや大玉転がしなどの集団競技に参加することがほとんどでした。
今回は紅白対抗リレーにプレッシャーを感じていたようです。どうやったら速く走れるか、インターネットや書籍などで調べていました。

 

午後にその紅白対抗リレーが行われ、主人と私も応援に駆けつけました。
バトンパスを受けるところから、すでに私は胸がどきどきしてしまいました。
五人中二位でバトンを受け、娘はリードを守ってトラックを一周します。途中で転んだりしないかとはらはらしましたが、無事に二位でゴールしました。
本人も達成感があったようで、ほっとした笑顔を見せていました。

 

六年生は自分が競技に参加するだけではなく、運動会の進行や審判、一年生の誘導などもこなします。
最上級生としての役割を果たし、無事に運動会を終えられて、本当に良かったと思います。