ライブチャットの需要は…

 

広告なんかでライブチャット求人を見てると思うのが、これってどのくらい今重要があるのかなということです。

 

少し前の出会い系や2チャンネルなんかではかなりの需要があったわけですし、人々が集まれば自然と活発になると思うのですが、ライブチャットはどんなk何時何でしょうね。

 

まあ、ツイッターやフェイスブックほどの需要を見込めるわけではありませんし、どうしてもその名前の響きやせrツ美を保持しているかどうかにも差が出ますから数で劣りはしますけど顔を出すという形はテレビ電話よりもずっと気楽ということなのかもしれません。
もちろんポイント制で利用するという点では出会い系と同じなのかなと思いますし、お金がかかると言うことで少なからず利用しにくいということがあるかもしれませんよね。

 

なかには出会いを求めてライブチャットを使う人もいるようでその辺は相手をするとなると少し女性の方も大変かもしれませんよね。

 

ここら辺はコールセンターのアルバイトなんかよりもそういう問題が起きやすいのかもしれません。

 

逆にチャットを中止できるようであればシステム的にも女性的にも安全ではありますがそこら辺は仕事にする前に確認したほうがよさそうです。